ブックマークはこちら

引越前の準備について

引越前の準備について

引越前の準備と心構え

例えば、会社での人事異動による転勤、また個人的な諸事情によって急に居住地を変更しないといけなくなった時、
引越という作業が出てきます。急に引越が決まる方もいれば、当然と前もって分かっている様な引越もあります。

ですのでそれぞれ前もって出来る限りの準備が必要になってくるのです。
まあ急な引っ越しと言っても、引越しまではそれ相応の時間がある事が多いでしょう。
ですのでその時に引越の準備を整えておく必要が出てくるのです。

そしてその内容ですが、例えば引越しの数週間前までは終わっておきたい事がいくつかあります。
まず市役所などにおける各種変更届出になってきます。これらはきちんとしておかないと後々面倒な事にもなってきます。
例えば転出および転居届です。この手続きはだいたい引越の2週間前から申請可能な機関も多いので、
早めの手続きをするのをお勧めします。これをしていないと例えば選挙権などの問題も出てくる事があります。

そして国民年金や国民健康保険の手続きも場合によって必要になってくる方達も出てきます。
会社勤めの方ならば社会保険なので問題ありませんが、これが自営業の方達であれば当然と移転の手続きが必要になってきます。

また印鑑登録などの変更も必要になってきます。
この印鑑登録と言うのは例えば住宅ローンの申請などにも必要になってくる時がありますので、
すぐに取れる様にきちんと手続きをしておく必要があります。
この市役所関係はその他にも各自によっていろいろと出て来る事もあります。
ですのでケースバイケースによって対応する必要が出てきます。

そしてその他としては、郵便物の転送届、また移転届も必要になってきます。
これを怠ると大切な郵便が届かなくなってしまいますので、漏れの無い様に行って下さい。
また電気、ガス、水道等などの移転手続きも必要になってきます。
これらは生活の基礎にも成りますので早めの手続きが望まれます。
そして新聞、牛乳、NHKなどの住所変更手続きも必要になってきます。
この様な変更は現在はそれぞれのWEBページでも変更手続きが出来る所もありますので、
時間が取れない方はそちらを利用するのもいいかもしれませんね。

次は引越の前日まで済ませておきたい事になりますが、まず荷物などの梱包です。
引越の当日、すぐに物を運ぶ事が出来る様にしておいて下さい。
そうする事によって引越に係る時間も短縮する事が可能になってきます。

そして次はクレジットカードや保険関係、その他自動車の任意保険等の変更になってきます。
これらは作成した当時の担当者の方に連絡すれば、そちらで変更手続きをしてくれる事もありますので、
とりあえずは連絡して相談してみるのもいいでしょう。

その様な手続きは引越の前日までには終わっておきたい事柄になってきますが、
当然前もって準備が出来ればそれに越した事はありません。

この様に一度引越が決まれば、引越の前日までにいろいろとしておかなければならない事が多数出てきます。
ですのでそれぞれ計画を立てて、間違いの無い様に行う必要が出てきます。その辺の準備をしっかりと行って下さい。

3サイト以上の利用で、一番安い引越し業者
引越し業者ランキング